軽く部屋の掃除をしていたら、

昔の歌詞ノート達を久々に見つけました。

中学の時のからの物を合わせたら多分10冊ぐらいある。1年で約1冊ペースか。

ボツ歌詞が多すぎる(笑)

それぐらいいろ~んないらんことを書いてきたんだなぁ俺は。

これらは多分死ぬまで誰にも見せない物だ。絶対に。

絵とかも書いてあるし。根暗だ。

今現在もステージに立って歌ってるいわゆる「やる側」としての目線から見ると、こんなにも恥ずかしいものはありません。

でも、一個人としての目線で読み返してみると、自分がその時代、どんな音楽に影響されていたかが手に取るように分かるし、ほんのりと思い出せれます。

こういう物こそ、自分にとっては一番の宝なんじゃないかな。

そういう考えになれた自分に、成長を感じます。



捨てなくてよかった。

そして

このノート達を、今でも「やる側」目線で見れる俺がいてよかった。

Add Comments

名前
URL
 
  絵文字
 
 
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ