まず最初に!!
すでに話題沸騰中だと思いますが!!
今週末は!!
もちろんこれ!!!

KO-TA SLUDGEのブログ
3/10(SAT)@豊橋BAYSIDE TOMCAT

JUDGEMENT NIGHT #6

愛知県豊橋市神野新田町ロの割194-1 (TEL) 0532-32-8666

OPEN / START 20:00

TICKET 【前売り限定350枚】
ADV ¥3,500(別途1D)
DOOR ¥4,500(別途1D)

【MC】
Lamp Eye

KOJOE
TWO-J
REIGHT-ONE+竜巻太郎(TURTLE ISLAND、NICE VEW)
YUKSTA-ILL
Bay-G'z with BAY Gz BAND
SURELO
H-LUQ
B-BOP

【BAND】
SAND
NUMB
BLACK GANION
SLUDGE
SAO VICENT


【DJ】
DJ YAS
DJ MAESUN
Funky Tech
DJ ROOPE
DJ ZAKU


【LIVE PAINT】
ESPY(from E.D.C.)

【TATTOO】
CALL MY OWN TAT


【TICKET取り扱い店】
BLACK BOX 0532-75-8474
EME 0532-75-8474
BAYSIDE TOMCAT 0532-32-8666
CALL MY OWN TAT 0532-53-7747

チケットぴあ
【P-コード】161-523

【MAIL TICKET予約】
※名前、枚数、連絡先を明記して送って下さい。
sludge.thc@gmail.com
info@bayside-thc.com


俺みたいな奴が何か言ったところで影響力も無いと思いますが、言いたいので言わせてください。

この面子は究極だと思います。
そして、この面子が地元で見れるという意味。
東三河という地域の「歴史」に残る夜になると思います。

あとは言葉じゃないと思うので、ぜひ現場で体感してください。
確実に何かが残るイベントになる!!
断言できます。






あと、個人的な話ですが、ミニアルバムのRECが終わりました。やっほ~い。

以下、現段階で説明出来る簡単な詳細です。
少し先のことになりますが。


2012/6/17(日)発売

Dusty-I/「光と影」
1.証~solo ver~
2.愛国である故に哀国
3.NIGHT WALKING
4.光と影
5.理想と現実と希望と鉛筆(CALM REMIX)

同日、2012/6/17(日)、BAYSIDE TOMCATにてワンマンLIVE、「独演~live is only one~」開催決定



今のところ正式に公表出来るのはこれです。後は随時公表していきますんで、俺なんかの動きに少しでも興味ある方は、随時チェックしてくれたら嬉しいです。

正直、ビビッてます(笑)

音源も今までで一番自信の持てる曲達だし、これ以上にない作品が完成したつもりだし、ワンマンの一時間セットによるLIVEも気合入ってるし、non×societyの仲間達の協力もばっちりの予定ですが、、、

正直、ビビッてます(笑)

まぁでも、こうやって自分から自分のハードルを上げていかないと自分自身も成長しないと思いますし、何よりリリースアーティストでもない田舎のいちラッパーからもう一つ上のステージへとステップアップするには、これぐらいのことをやんないとって思ってますんで、当日は良くも悪くも「歴史」を作るつもりでやります。誰もやったことがないようなことがやりたいので、誰もやったことがないようなLIVEにするつもりです。
日本の、愛知の、東三河の、豊川の、non×societyの情熱を、全てぶつけるつもりなので、全て受け止めてくれると嬉しいです。

あんま言いたくないけど、言わなきゃダメな気がするから言っときます。


「期待しとけ!!!!」


、、、はぁ。これでまたハードルが上がっちまった。まずはメンタルから鍛えなければ。頑張ります。余裕。







そして、もうすぐ2011年3月11日の東北の大震災から一年が経ちます。

あの日から、少しでも自分は何か変われただろうか。

あの日から、少しでも日本は何か変われただろうか。

最近よく考えます。

今回のこの作品、「光と影」を改めて通しで聴き直すと、あの日からの日々の影響がいたるところに出ていると感じます。

心の在り方に正解なんか無いのだろうけど、少なくともあの日を境の多くの人間の思いが同じ場所に集まったり集結したり、とにかく一つになった。

時が経つにつれてその思いは徐々に分散されていくように感じるけど、一度一つになれると知ったからには、人間は強く生きることができる。何度でも集まることが出来る。俺は勝手にそう思ってます。

あの日の「歴史」を、あの日からの「歴史」を忘れずに、これからも強く生きていけたら。と、思います。





本音を書いていたらいつになくまじめなブログになってしまいました。

手短にふざけます。

うんこちんちん。



それではまた!!

Add Comments

名前
URL
 
  絵文字
 
 

Trackback URL

livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ